『島嶼研究』投稿規程

日本島嶼学会誌『島嶼研究』投稿規程

平成28年1月1日施行
平成29年5月13日改正
2020年2月15日改正
2020年9月5日改正

1.発行回
 学会誌『島嶼研究』(The Journal of Island Studies)の発行は,年1回以上とします。

2.投稿資格
 本学会会員は,自由に投稿できます。本投稿規程と「執筆の手引き」を熟読の上,投稿してください。ただし会費滞納の場合,掲載しないことがあります。

3.記事の種別
 本誌の記事には「論説」「研究ノート」「資料」「書評」「特別寄稿」の5カテゴリを設けます。
 ・「論説」は,オリジナルな調査研究や思索に基づく成果を含む論考です。
 ・「研究ノート」は,「論文」になりうる情報を含む速報や,新たな手法の提案を内容とします。
 ・「資料」は,調査・記録・統計などに基づいた,資料的価値のある報文です。
 ・「書評」は,文献の批評・紹介です。
 ・「特別寄稿」は,島嶼学全体の発展のために編集委員会が必要と判断して依頼した原稿で,島嶼学全体を俯瞰した大局的な視野に立った論考です。

4.審査
 原稿の採否は,査読者による閲読を経て,編集委員会での審査の上,決定します。ただし,特別寄稿については査読を経ず,編集委員会の編集作業のみによって掲載します。査読結果によっては原稿の修正をお願いすることもあります。なお,原稿は採否にかかわらず返却しません。

5.枚数
 枚数(400字1枚計算)には原則として下記の制限を設けます。いずれも本文,注,文献表を含めた枚数です。枚数超過の場合,審査対象外とすることもありますので注意してください。なお,欧文原稿の分量は刷り上がりで和文と同程度とします。
  論説:80枚以内 + 欧文要旨(700語以内)
  研究ノート:50枚以内
  資料:20枚以内
  書評:7枚程度
  特別寄稿:80枚以内

6.投稿形式
 原稿は原則として電子ファイルで作成してください。本文・注・文献表はMicrosoftWord形式(.docまたは.docx)またはテキスト形式(.txt),図および写真はPDF・JPEG形式,表はMicrosoftExcel形式(.xlsまたは.xlsx)またはPDF形式で作成してください。

7.抜き刷り
 抜き刷りに代わり,掲載記事のPDFファイルを送呈します。

8.校正
 校正は著者校正を原則とします。なお,査読制度を設けていますので,校正段階での誤植以外の修正は原則として認めません。校正段階での大幅な加筆,修正があった場合,掲載延期または取り消しとなることもあります。また,組み替えなどによって生じる必要経費はご負担いただきます。

9.提出および聞い合わせ先
 原稿は送付状とともに,原則としてe-mailでお送りください。郵送の場合には,原稿のプリントアウトに加え,電子ファイルをUSBメモリまたはCD-Rに保存し,お送りください。送付先は「執筆の手引き」を参照してください。

10.その他
 本誌に発表された論文等の著作権は,原稿受理の段階で日本島嶼学会に帰属します。本誌に掲載されたものを転載する場合は,編集委員会にご一報の上,初出情報を必ず明記してください。

11.規程改正
 この規程の改正は,理事会において行います。

附則
1.この規程は,平成28年1月1日より施行します。

原稿執筆要領
送付状

日本島嶼学会の公式HPです。