All posts by jsismurakami

2016年度大崎上島大会のお知らせ(第一報)

会員のみなさま

日本島嶼学会2016年次大会は、広島県豊田郡大崎上島町(広島商船高等専門学校)にて、2016年9月2日(金)~9月4日(日)にわたっての開催予定です。
なお、実施要項は2016年5月末~6月初に公開予定です。募集開始までしばらくお待ち下さい。


2016年次 日本島嶼学会大崎上島大会(第一報)
テーマ:海と陸の関係を問い直す-瀬戸内・大崎上島からの発信-

主 旨:瀬戸内島嶼の特徴は、本州あるいは四国・九州といった「巨大な陸地」を常に意識せざるを得ない点にあるように思われる。瀬戸「内海」という捉え方自体、このような感覚を前提としているようだ。大崎上島での開催に際し、瀬戸内島嶼を「島と海、そして本土」をめぐる三者関係のバリエーションとして捉え、海と陸との関係について改めて問い直してみたい。
 今大会は、年次大会としては初の瀬戸内島嶼での開催となる。開催地である大崎上島は本州至近でありながら架橋がなされていない「離島」である。また、開催校を務める広島商船高等専門学校は、離島所在の高等教育機関でありながら文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(COC)に選定されたユニークな存在である。このような環境での大会開催は、同時期に開催されるCOCシンポジウムと併せ、参加者にも、そして学会全体にも様々な刺激をもたらしてくれるに違いない、と考えている。

・開催日程および開催場所
2016年9月2日(金)から9月4日(日)
於 広島商船高等専門学校(広島県豊田郡大崎上島町)

日程(案)
 9月2日(金)午後:理事会および出前講座
 9月3日(土)基調講演、研究発表、総会、懇親会等
 9月4日(日)エクスカーション

*詳細は「実施要項」(2016年5月末~6月初公開予定)までお待ち下さい。

日本学術振興会賞受賞候補者の推薦について(個人推薦可)

日本学術振興会より、以下のお知らせが来ております。「個人推薦」も受け付けているとのことです。
詳細は下記を御参照下さい。

—(以下、引用)—
独立行政法人日本学術振興会は、研究者養成事業の一環として、
「日本学術振興会賞」を制定して、毎年、25名程度の若手
優秀研究者を顕彰(副賞・110万円)していますが、下記のように、
平成28年度受賞候補者の受付をしますので、お知らせ申し上げます。
 なお、この候補者は、学術研究者からの「個人推薦」も受け付けて
おりますので、適当な候補者がおられれば、下記要領により直接ご推薦ください。

< 記 >

1. 対象分野
人文学、社会科学及び自然科学の渡る全分野

2. 対象者
国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により
学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、
平成28年4月1日現在、以下の条件を満たす者。
1)45歳未満であること。
2)博士の学位を取得していること(博士の学位を取得した者と
同等以上の学術研究能力を有する者を含む)。
3)外国人の場合は、推薦時点において我が国で5年以上
研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続
して我が国で研究活動を予定していること。
注:海外在住の日本国籍を有する研究者も対象としている。

3. 授賞等
日本学術振興会が設置する審査会において25件程度を選考する。

4. 受付期間
平成28年4月11日(月)~13日(水)17:00(期間中必着)

5. 推薦書類の提出先及び問い合わせ先
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
独立行政法人日本学術振興会 人材育成事業部
研究者養成課「日本学術振興会賞」担当
  電話: 03-3263-0912
  URL: http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/
—以上、引用—

『島嶼研究』年2号化のお知らせ

 日本島嶼学会の学術誌『島嶼研究』は,学会発足以来刊行を重ね,島嶼学に関わるさまざまな研究成果を発信してまいりました。今後一層の研究の深化と会員相互の交流の場とするため,2016年から刊行頻度を年2回とすることに,2015年度第3回理事会(2015年11月23日開催)で決定いたしました。
 『島嶼研究』では,従来巻数の表示をしておりませんでしたが,この措置にともない本年2月末刊行予定の号は第17巻1号,8月末刊行予定の号は第17巻2号となります。

 とはいえ,肝腎の投稿がなければ,年2回の刊行そのものが画餅に帰してしまします。つきましては,会員の皆さまにおかれましては,『島嶼研究』へ積極的にご投稿いただきたく存じます。
 とくに修学中の大学院生にとって,レフェリー付きのファーストペーパーを掲載するには,本誌は比較的取り組みやすい雑誌です。本誌はあらゆる学問分野のスタイルを尊重し,原稿の受付から本誌掲載までの期間が比較的短かいことが,研究業績を蓄積したい会員の皆さんにとっては魅力的となるでしょう。また大学・研究機関に所属しない会員の皆さんにとっては,これまで取り組んできた調査研究を全国に広く発表するために,適切な学術誌です。

 本誌には「論説」「研究ノート」「資料」「書評」の4カテゴリーがあり,さまざまなスタイルの原稿掲載に対応可能です。オリジナルな調査研究・思索に基づいた論考は「論説」に,調査報告や新しい研究手法の提案などは「研究ノート」に,調査・記録・統計などに基づいた資料的価値のある情報は「資料」に,文献の批評と紹介は「書評」に該当します。本学会ウエブサイトの「投稿規定」および「執筆の手引き」を熟読の上,ご投稿ください。
 島嶼学の地平を切り拓く,意欲的な投稿をお待ちしております。

編集委員会

第6代会長就任ご挨拶

第6代会長就任ご挨拶

2015年10月吉日
中俣 均(法政大学)

本年9月の奥尻島大会で、会長職(第6代)を拝命しました。図らずも、とはこういう場合の常套句ですが、今はそれが文字通りの偽らざる心境です。

本学会の最大の特徴は、会員それぞれがさまざまに、拠って立つ多彩な学問分野的基盤や社会的職業的役割を有しながら、島への深い愛着を共有して集いあっているところです。それは、島々が直面する現実の諸問題の解決(島をどうするか?)に腐心することから、島という実存的・社会的空間のありようの解明(島とは何か?)に主眼を置くものまで(自分ではいくらか後者に近いかなとの自覚あり)、本学会の幅広い関心領域としてこれまで現れてきました。そうした多様性・多面性を尊重しながら、バランスのとれた島嶼学の確立を目指したいと思っています。

前会長を筆頭に、歴代会長が具備されていたようなカリスマ性は、悲しいかな持ち合わせてはいませんが、学会設立20周年の節目となる記念事業への諸準備と、それを通じて島嶼学Nissology を広く社会にアピールする(具体的には会員数の増加)こととを、2年間の任期中の目標として掲げたいと思います。また、私自身は学会設立時の発起人の一人で、いわば第一世代に属しますが、それに続く第二世代が縦横に活躍できる学会基盤を作り上げる「架橋」役も、重要な務めになるでしょう。会員諸氏の日常活動を土台とした斯学への貢献と、学会運営へのご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

第2回日本島嶼学会研究奨励賞 選考報告

研究奨励賞授賞候補者選考委員会は、推薦のあった3名の候補者の研究業績について慎重に審査し、授賞候補者を選考しました。その結果をふまえ、理事会において、次の2 名の会員に第2回日本島嶼学会研究奨励賞を授与することを決定し、2015年9月5日の奥尻大会での授賞式において、長嶋会長よりおふたりに賞状と副賞を授与しました。

研究奨励賞授賞候補者選考委員会
委員長 可知 直毅

【研究奨励賞授賞者】(表記は五十音順)
・遠部 慎 会員
(総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員)
・深見 聡 会員
(長崎大学環境科学部・准教授)

【選考委員】
・委員長  可知直毅(学会賞担当理事)
・副委員長 中俣 均(島嶼研究前編集委員長)
・委員   立石雅昭(副会長)
・委員   小西潤子(理事)
・委員   稲田道彦(島嶼研究編集員長)

【選考経過】
3月15日      学会HPおよびニュースレターに応募要領公示
3月15日〜5月31日 推薦受付
6月4日 〜6月19日 選考委員会にて授賞候補者選考
6月21日〜6月27日 理事会MLにて授賞候補者の予備審議
9月4日       理事会で授賞者を正式決定
9月5日       奥尻大会において授賞式

【授賞理由】
遠部 慎 会員
遠部 慎会員は、瀬戸内海島嶼の縄文海進期の考古学的研究という島嶼学の重要なテーマに挑み続けてきました。特に、パブリックアーケオロジーによる発掘調査や持続可能な遺跡保護を実践的に行う中で、岡山県最古の人骨を発見した点、豊島における研究成果を積極的に地元に還元してきた点が高く評価されます。今後、島嶼学と本学会をリードする研究者として、島の文化遺産の再評価に繋がる研究の深化を期待します。

深見 聡 会員
深見 聡会員は、ジオツーリズムの考え方を取り入れた、小規模島嶼における地域の発展に貢献する研究を精力的に推進してきました。特に、地域住民と自治体、観光客の意識を相対化して把握し考察するという実証的な研究手法が、高く評価されます。本学会をはじめとする国内外の学会での発表、論文や著書の執筆により積極的に研究成果を発信してきた点も評価されます。今後、島嶼学と本学会をリードする研究者として、島嶼におけるジオパークの役割と課題の研究の深化を期待します。

国際小島嶼文化会議(SICRI)より会議開催のお知らせ(2016.06.17-06.20、那覇)

国際小島嶼文化会議(SICRI)より、The 12th International Small Island Cultures conference開催のお知らせが参りました。

本学会も共催者として加わっておりますので、会員の皆さまの積極的な参加をお待ちしております。

なお、詳細は下記公式サイトを御参照下さい。

http://sicri-network.org/

2015年次大会(奥尻)

「2015年次 日本島嶼学会奥尻大会」を下記の要領で開催いたします。会員の皆さまの参加をお待ち申し上げます。

*詳細および申込方法等は添付の「実施要項」にて御確認ください。(実施要項:MS-WordPDF)
——–
・テーマ・主旨
テーマ:島嶼学からみた奥尻島
主 旨:北海道南西沖地震からすでに20年。東日本大震災以降、災害、復興、防災などについての関心は高くなってきていることは疑いない。生活環境の変化、地場産業の衰退と少子高齢化・過疎化が進行するなど、そこに付随する様々な課題も山積している。私たちが歩んできた道のり、さらには行く末を考える上で、改めて島嶼学の果たすべき役割について、考える必要がある。そこで、奥尻という「場」をモデルに、島の自治、完結した空間⇔外部との相互作用の空間を理論的に考察すると同時に、本学会ならではの実践的な取り組みを模索したい。

・開催期日  2015年9月4日(金)から6日(日)
・開催場所  北海道奥尻郡奥尻町(奥尻町海洋研修センター)
4日(金)午後:理事会
5日(土)全日研究発表(発表予定者20名程度)
6日(日)エクスカーション(奥尻島内、A/Bの2コースあり)

*大会参加費等は以下の通りです。
・大会参加費2,000円、懇親会費5,000円、昼食代(9月5日)1,000円、計8,000円
全てお申し込みの場合、以下のようになります。
・エクスカーション無し:計8,000円
・エクスカーションA参加:計9,000円
・エクスカーションB参加:計9,500円+昼食代(1,000円、現地支払い)

・連絡先
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター(高橋美野梨)
minoritakahashi@slav.hokudai.ac.jp
———-