2017年次甑島大会 申し込み開始のお知らせ

「2017年次 日本島嶼学会甑島大会」を下記の要領で開催いたします。会員の皆さまの参加をお待ち申し上げます。

*詳細および申込方法等は、添付の「実施要項」にて御確認ください。
(実施要項:PDF)
(様式等:PDF ・ DOC)

——–
・テーマ・主旨
テーマ:甑島で考える島嶼の問題と未来展望

主 旨:甑島列島は、本土と近距離にありながら交通手段が海上交通に限定されるなど隔絶性が高く、また、国境離島や海洋離島的性格を併せ持ち、かつて2万人台を維持していた人口が今や5千人弱と4分の1にまで激減するなど典型的な過疎の島である。さらに宗教弾圧、圧政、生活苦など様々な苦難を経験するなど、従来の離島苦をすべて凝縮内包する。その一方で、甑島は、逆にその隔絶性から、自然や歴史と民俗の宝庫とされてきた。列島周辺海域は豊富な水産資源に恵まれ、海岸線の地形や奇岩は観光の目玉となり、小さな島にも関わらず城主と武家が存在し、武家屋敷や古武道が今に残る。2009年には下甑島のトシドンがユネスコの無形文化遺産に登録されるなど世界的に注目される民俗文化を有するほか、毎年開催されるアクアスロンや文化フェスタなどの様々なイベントは多くの観光客を呼び込む。さらに、漫画やアニメの舞台としても知られるなど島の持つポテンシャルは極めて大きい。日本島嶼学会第1回年次大会のエクスカーション(1999年8月)はこの甑島で行われた。学会創設20周年という節目を目前にして、当学会を、島嶼の様々な過去と未来のポテンシャルを凝縮した甑島で開催するということは、日本の島嶼の課題を見据え、未来を展望する上でも大きな意義があると言える。

・開催期日  2017年9月1日(金)から3日(日)
・開催場所  薩摩川内市里公民館および薩摩川内市里定住センター(いずれも薩摩川内市里町里、上甑島)

9月1日(金)出前講座、エクスカーション(島内)、理事会
9月2日(土)シンポジウム、研究発表、総会、懇親会等
9月3日(日)研究発表、エクスカーション(クルージング)

・連絡先
日本島嶼学会甑島大会2017
tousho2017koshiki@gmail.com
———-

連携学会のお知らせ:第27回日本熱帯生態学会年次大会(奄美)

日本熱帯生態学会との連携について

本学会の会員は、連携学会員として、6月16日〜19日に奄美大島で開催される熱帯生態学会(JAESTE)の年次大会にJASTE会員と同等の資格で参加できます。
すでに発表申込はしめきられていますが、以下で大会プログラムが公開されています。
http://cpi.kagoshima-u.ac.jp/jaste27/

また、6月18日(日)の公開シンポジウム「奄美・沖縄のヒトと自然の歴史」では、『島嶼』に関わる講演も予定されています。

第4回(2017年度)「日本島嶼学会研究奨励賞」候補者募集のお知らせ【応募期間延長】

第4回(2017年度)「日本島嶼学会研究奨励賞」候補者募集について

「日本島嶼学会研究奨励賞」は、本会の若手会員の顕彰を目的として2014年度に設置されました。2014年度の受賞者は、高橋美野梨会員と山本宗立会員、2015年度の受賞者は、遠部慎会員と深見聡会員、2016年度の受賞者は鳥居享司会員でした。

自薦による応募者の中から若干名の受賞者を選考し、大会において表彰するとともに各々1万円の賞金が副賞として贈呈されます。
*2017年度は甑島大会(09/01-09/03)にて表彰式を行います。

受賞候補者の募集を下記の要領で行いますので、奮ってご応募ください。詳しくは、以下の応募要領(PDF)をご覧ください。
日本島嶼学会 会長 中俣 均

———————–
日本島嶼学会研究奨励賞応募要領

日本島嶼学会研究奨励賞(以下奨励賞という)の応募に当たっては,この要領に従って,応募申請書に必要事項を記入し、PDFファイルにして、選考委員長あてメールに添付して提出してください。

応募資格    2017年4月1日現在45歳以下の本学会の会員
応募〆切    2017年6月2日(金) *応募期間を延長しました。
申請書送付先  研究奨励賞選考委員長 小西潤子
ejkonis@gmail.com

申請書の様式は自由ですが、以下の項目を含んでください。
(1)応募年月日
(2)申請者氏名
(3)生年月日および2017年4月1日現在の年齢
(4)出産・育児・介護・その他の事由のため研究中断がある場合はその期間
(5)学位(取得年月、学位名称、取得大学・研究科名)
(6)現在の専門分野
(7)所属機関・職名(学生の方は2017年4月1日現在の学年)
(8)連絡先住所(所属あての場合は所属機関名も)・メールアドレス
(9)最終学歴
(10)応募研究課題
(11)応募研究の業績の大要(A4用紙1枚以内)
(12)今後の研究の展望(A4用紙1枚以内)
(13)応募研究の内容をもっともよく表していると考える論文・発表要旨等1篇(スキャンしたPDFファイル等で可)
(14)応募研究にかかわる業績リスト
以下の項目に分けて記載すること
1)学会誌「島嶼研究」に発表した論文
2)本学会の大会での発表
3)その他本学会の中での報告、各種活動、作品等
4)本学会以外の学会誌等に発表した論文(著書を含む)
5)本学会以外の学会等での発表、各種活動、作品等
(15)競争的研究費の採択状況(代表者のみ)
(16)他の学会賞等の受賞歴(学会名、受賞名、受賞年、受賞タイトル)

選考の過程で追加資料の提出をお願いする場合があります。
以上

応募にあたっての補足
(1)「応募研究課題」 とは、研究奨励賞に応募いただく研究全体のテーマです(すでに学会等で発表された個別のタイトルではなく)。
(2)「応募研究にかかわる業績リスト」 は、本学会に関係するもの(「島嶼研究」や大会での発表など)だけでなく、応募された研究テーマに関連するものを 記載ください。応募される研究テーマと関係がないものは含めなくてけっこうです。また、既往両3年以内の研究業績を中心に評価します。
(3)「競争的研究費の採択状況」は、応募研究に関するものを記載ください。

2017年度 日本島嶼学会研究奨励賞選考委員会
——————-
応募要領(PDF)
日本島嶼学会研究奨励賞に関する規則

2017年次大会(甑島大会)のお知らせ(第一報)

日本島嶼学会2017年次大会は、鹿児島県・甑島(薩摩川内市)にて9月1日~9月3日開催予定です。

詳細については下記をご参照ください。
なお、募集要項の配布および参加受付開始は6月上旬を予定しています。
170404HP2017年度次日本島嶼学会甑島大会概要

[大会実行委員会]
tousho2017koshiki@gmail.com

「第8回日本学術振興会育志賞」学会推薦候補者募集のお知らせ

日本島嶼学会では、「第8回(平成29年度)日本学術振興会育志賞」の学会推薦候補者(1名)を募集します。

自薦・他薦を問わず、該当する院生の会員をご存知でしたら事務局まで御一報くださいますよう。
なお、メール件名の冒頭に[育志賞]とお入れくださいますようお願いいたします。
【期限】 2017年5月7日(日)

———-
*育志賞の対象者は以下の通りです。詳細は【育志賞ホームページ】にて御確認ください。

「平成29年4月1日現在34歳未満であり、次の①又は②に該当する者であって、平成29年5月1日において我が国の大学院博士後期課程に(医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する4年制の博士課程を含む)に在学している下記のいずれかの条件を満たす者

① 大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる大学院生であって、当該大学長から推薦された者
② ①に該当する大学院生であるとして所属する学会長から推薦された者。」

なお、海外からの留学生で大学院博士後期課程に在学する者についても推薦可能です。

【日本学術振興会 育志賞ホームページ】
URL  http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/index.html
———-

日本熱帯生態学会との連携について

本会の会員は、日本熱帯生態学会(JASTE)の連携学会会員として、2017年6月18日〜21日に奄美市で開催される第27回日本熱帯生態学会年次大会に、JASTE会員と同等の条件で発表・参加できることになりました。奄美大島に限らず島嶼学会員ならではの研究発表が期待されています。

研究発表する場合の
参加申し込み〆切は、2017年4月28日(金)17 時です。
講演要旨提出〆切は、 5 月 12 日(金)12 時必着です。

詳しくは、JASTE27のホームページ(http://cpi.kagoshima-u.ac.jp/jaste27/)でご確認ください。

写真展『世界遺産ナンマトル―太平洋の巨石文化の痕跡を求めて―』

関西外国語大学・NPO法人パシフィカ・ルネサンスの主催による写真展『世界遺産ナンマトル―太平洋の巨石文化の痕跡を求めて―』が開催中です。詳細は下記URLをご覧ください。
http://tomoishi1976.web.fc2.com/nanmadol.html

趣 旨:ミクロネシア連邦ポーンペイ島にあるナンマトル(ナン・マドール)遺跡は、2016年7月にユネスコ世界遺産に登録されました。この遺跡は、巨大な玄武岩などを用いて構築された大小90以上の人工の島からなる、壮大な古代の巨石文明の痕跡であり、「太平洋のベニス」と呼ばれることもあります。しかしその実態の多くは未解明のままです。このたびは、ナンマトル遺跡の世界遺産登録を記念し、これまでこの遺跡の調査や保存に携わってきた日本人の研究者たちによって撮影されてきた写真を展示することとなりました。遺跡のありのままをとらえた写真をご覧いただき、みなさまにも古代の巨石文明の謎 に触れていただきたいと思います。

会 期:
【関西会場】2017年1月31日(火)~2月5日(日)
      11:00~18:00 (最終日は17:00まで)
【関東会場】2017年2月7日(火)~2月12日(日)
      12:00~18:00
会 場:
【関西会場】ナラマチギャラリー2016
      奈良市公納堂12番地 ならまち工房III
      http://www.nakki.info/ナラマチギャラリー2016/
      「近鉄奈良」駅から徒歩15分、JR「奈良」駅から徒歩20分
      天理行きバス「福智院町」バス停下車徒歩2分
【関東会場】HAGISO
      http://hagiso.jp/about/
      東京都台東区谷中3?10?25
      JR山手線「日暮里」駅北改札西口より徒歩5分
      地下鉄千代田線「千駄木」駅2番出口より徒歩5分

入場料:無料
主催:関西外国語大学・NPO法人パシフィカ・ルネサンス

※なお本写真展は、日本学術振興会科学研究費・基盤研究B(海外学術)「ミクロネシアにおける巨石文化の成立と社会複雑化のプロセスを探る考古学的研究」(研究代表者:片岡修課題番号25300042)による研究成果の公開の一環として実施されます。

シンポジウム「領土・領海と島嶼」(2017.02.21東京大学海洋アライアンスイニシャチブ)

2017年2月21日に、シンポジウム「領土・領海と島嶼」(東京大学 海洋アライアンスイニシャチブ「小島嶼国研究会」主催)が開催されます。
本学会の高江洲昌哉会員が登壇予定です。

日時:2017年2月21日(火) 13:30~
場所:東京大学理学部小柴ホール
事前申し込み不要

詳細はポスターをご覧ください。
ポスター(PDF)

日本島嶼学会の公式HPです。