Tag Archives: 島嶼研究

第22-1号(2021年2月発行)

【特別寄稿】
・東京都の島しょ医療―意外と知られていない現在,過去そして未来―Ⅱ 島しょ医療機関と共有する課題(小山 茂)

【論説】
・沿岸域砂泥底に生息する二枚貝Anadara spp.の人間活動を介した海から陸への移動―フィジー共和国ビチレブ島南東部の村落を例に―(河合 渓・西村 知・鳥居享司・小川領一・コカナシカ A.・ベイタヤキ J.)
・Use of Capsicum Peppers in Micronesia: A Case Study in the Yap Islands and Mili Atoll(Yamamoto Sota)
・ツバル語におけるココヤシの文化語彙-言語に表れた民族のくらし-(橘 広司)

【研究ノート】
・島嶼産業における業種間バランスの時空間動態の可視化(大西 修平・関 いずみ)
・「島嶼性」についての人類学的覚書(緒方宏海)
・アノマリーとしての世界自然遺産―奄美・沖縄の事例に関する観光リスク論的考察―(吉田 竹也)

【学会動向】

第21-2号(2020年8月発行)

【特別寄稿】
・東京都の島しょ医療―意外と知られていない現在,過去そして未来―Ⅰ 概説・救急医療(小山 茂)

【論説】
・地下水の有限性と島嶼振興―宮古島の入域者数増加に対応した地下水資源の運営―(黒沼善博)
・マルタ共和国におけるクロマグロ養殖業の現状と展望(鳥居享司)

【研究ノート】
・長崎県島嶼の河川水質と流域環境について―対馬・壱岐・平戸諸島を中心に―(矢巻 剛・小寺浩二)

【書評】
・坂野 徹著『<島>の科学者─パラオ熱帯生物研究所と帝国日本の南洋研究─』勁草書房,2019年(飯田卓・山本宗立・(応答)坂野 徹)
・大塚 靖・山本宗立編『ミクロネシア学ことはじめ─絶海の孤島・ピンゲラップ島編─』南方新社,2019年(鳥居享司)
・渡辺芳郎編著『奄美群島の歴史・文化・社会的多様性』南方新社,2020年(須山 聡)
・冨澤公子著『長生きがしあわせな島<奄美>』かもがわ出版,2020年(須山 聡)

【学会動向】

第21-1 号(2020年2 月発行)

【論説】
・Simple Simulation Model: Successful Water Borne Dispersal in Terrestrial Spiders to Reach Lake Islands (HAYASHI Morito)
・EU「島嶼性」を枠組みとしたフランス島嶼地域の特別地位と自治権についての考察─コルシカ地方制度改革過程を事例に─(長谷川秀樹)
・西表島の社会情勢に伴うマングローブ利用形態の変遷―利用を通じた資源管理の一事例―(渕上ゆかり・上須道徳・石丸香苗・渕上佑樹・谷口真吾)
・離島における義務教育未修了者―国勢調査小地域集計を用いた分析―(碓井健寛)

【研究ノート】
・産業化されない織物作りと地域社会―沖縄県小浜島の事例―(伊藤 紫)
・長崎県における島嶼地域の観光特性と立地が文化資源に及ぼす影響に関する考察(高橋環太郎)

【書評】
・長嶋俊介編『日本ネシア論』藤原書店,2019年(宮内久光)
・田畑洋一編『奄美の復帰運動と保健福祉的地域再生』南方新社,2019年(宋 多情)

【学会動向】

第20-2号(2019年8月発行)

【特別寄稿:2018年度神津島エクスカーション公開講演会】
・島嶼地域の観光振興に向けた実践報告(上田嘉通)

【論説】
・Long-Term Survey of Food Consumption on Pingelap Island, Pohnpei State, the Federated States of Micronesia (YAMAMOTO Sota)
・「奄美環境文化祭唄島ふぇすてぃばるっち。」─メディア・イベントと島のアイデンティティ─(金山智子)

【書評】
・斎藤 憲・樫本喜一著『奄美日本を求め,ヤマトに抗う島―復帰後奄美の住民運動―』南方新社,2019年(桑原季雄・高江洲昌哉,(応答)斎藤憲・樫本喜一)
・嘉数 啓著『島嶼学―Nissology―』古今書院,2019年(須山 聡)
・加藤庸二著『島の博物事典』成山堂書店,2015年(長嶋俊介)
・ロイル,S.A.著,中俣 均訳『島の地理学―小さな島々の島嶼性―』法政大学出版局,2018年(須山 聡)
・池上大祐・杉村泰彦・藤田陽子・本村 真編『島嶼地域科学という挑戦』ボーダーインク,2019年(鈴木勇次)

【学会動向】

第20-1号(2019年2月発行)

【日本島嶼学会設立20周年特別編】
・座談会 (嘉数 啓・鈴木勇次・長嶋俊介・中俣 均)

【特別寄稿:日本島嶼学会設立20周年記念講演】
・日本の離島振興の歩み (鈴木勇次)
・島で保健師になるということ (青木さぎ里)
・小笠原《返還50周年》が意味すること ―1968年以降の父島と硫黄島の歩み― (真崎 翔)
・島嶼学ことはじめ(九)―島嶼学方法試論― (嘉数 啓)

【論説】
・隠岐におけるジオ資源の旅行者誘引効果に関する定量分析 ―潜在クラス分析による旅行者層の抽出とその特徴 ― (古安理英子・赤沢克洋)
・奄美沖永良部島における言語再活性化の取り組み(横山晶子)
・太平洋島嶼地域の高等教育と教育開発 ―南太平洋大学の事例― (東平福美)

【書評】
・大塚 靖・山本宗立編『ミクロネシア学ことはじめ—魅惑のピス島編—』南方新社, 2018年 (村上和弘)
・平岡昭利・須山 聡・宮内久光編『図説 日本の島—76の魅力ある島々の営み—』朝倉書店, 2018年 (中俣 均)
・須山 聡・宮内久光・助重雄久編,平岡昭利監修『離島研究Ⅵ』海青社, 2018年 (髙木 亨)

【学会動向】

 

第19-2号(2018年8月発行)

【論説】
・Long-Term Food Consumption Survey on Piis-Paneu Island, Chuuk State, the Federated States of Micronesia(YAMAMOTO Sota)
・ヨーロッパ周縁島嶼地域における政治社会変容についての理論的考察-コルシカ島(フランス)の民族主義を事例に-(長谷川秀樹)
・離島のコミュニティラジオ局にみる儀礼的コミュニケーション-エフエムうけんの事例研究-(金山智子)
・島嶼間の一体化が及ぼす定住効果-効用理論による考察と沖縄・宮古島圏域の架橋化-(黒沼善博)

【特別寄稿】
・島嶼学ことはじめ(八)―島嶼の政治経済学 島嶼経済自立への挑戦―(嘉数 啓)

【研究ノート】
・奄美諸島産砂糖の商社独占買上体制解体過程に関する一考察-西南戦争との関連から-(高江洲昌哉)

第19-1号(2018年2月発行)

【論説】
・離島における発達障害児を持つ母親の子どもの受け入れと地域風土との関連(稻留直子・丸谷美紀)
・養殖魚のブランド化に果たす行政・漁協の役割―大分県「かぼすブリ」を事例に―(鳥居享司)

【特別寄稿】
・島嶼学ことはじめ(七)―国境の島をめぐる領土紛争と解決策を考える 尖閣諸島および南シナ海諸島を中心に―(嘉数 啓)

【研究ノート】
・宮古島市における自殺対策—うつ病者等を対象とした認知行動療法の取り組み—(波名城 翔・下地由美子)
・奄美大島宇検村における集落点検の実践(須山 聡)
・離島の民間伝承,大崎上島の地名と自然災害(小河 浩)

【書評】
・青木さぎ里著『離島の保健師』青土社, 2017年(森 隆子)

第18-2号(2017年8月発行)

【論説】
・離島の環境保全-西オーストラリア・バロー島をめぐる海洋資源開発を例に挙げて-(神田英宣)
・台湾およびミクロネシアにおける檳榔利用―過去と現在を比較して―(山本宗立)

【特別寄稿】
・島嶼学ことはじめ(六)―島嶼における文化と観光,バリ島と竹富島のケースを中心に―(嘉数 啓)

【研究ノート】
・宮古島における精神障害者の就労ニーズに関する研究—当事者へのインタビュー調査から—(波名城 翔・森田康雅・南風原 礼・増田 準)

【書評】
・加藤晴明・寺岡伸悟著『奄美文化の近現代史―生成・発展の地域メディア学―』南方新社, 2017年(須山 聡)

第18-1号(2017年2月発行)

【論説】
・戦後期南西諸島における爆薬漁―八重山諸島の事例―(飯田 卓)
・小笠原返還交渉史のなかの沖縄返還交渉(真崎 翔)
・奄美大島におけるエコツーリズムの受容プロセス(宋 多情

【研究ノート】
・島嶼学ことはじめ(五)―島嶼社会のネットワーク: 琉球列島を事例にして―(嘉数 啓)
・鹿児島県島嶼地域自治体の総合戦略におけるエコツーリズムと 担い手としてのコミュニティビジネス(萩野 誠)

【資料】
・「離島の観光 -観光客数・宿泊客数・サービス業就業者数の推移を中心として-」(奥野一生)

【書評】
・植松明石監修, 民俗文化研究所奄美班編『奄美の人・くらし・文化―フィールドワークの実践と継続―』論創社, 2016年・瀬戸内町教育委員会編『加計呂麻島 昭和37年/1962―ヨーゼフ・クライナー撮影写真集—』南方新社, 2016年(須山 聡)

第17-2号(2016年8月発行)

【論説】
・「三島村・鬼界カルデラジオパークにおけるジオツーリズムの取り組み」(深見 聡)
・「離島架橋に伴う島嶼市場の経済学的考察-架橋後に失われた市場からの回帰を考える-」(黒沼善博)

【研究ノート】
・「島嶼学ことはじめ(四)―持続可能『島嶼型』技術を求めて―」(嘉数 啓)