Category Archives: 年次大会・研究会

2018年次日本島嶼学会東京大会:実施要項、申込書様式等【2018.07.13案内チラシ追加】

会員のみなさま

2018年次日本島嶼学会東京大会に関し、実施要項および様式類を掲載いたします。*2018.07.24付で受付終了しました。
大会実施要項(pdf)
申込書・委任状等(doc)

(2018.07.13追加)
東京大会では、学会設立20周年と小笠原返還50周年を記念して、8月31日(金)の午後に公開講演会を開催いたします。案内チラシを作成しましたので御活用ください。
案内チラシ(PDF)

———–
2 0 1 8 年次日本島嶼学会東京大会実施要項(抜粋)
*詳細は「大会実施要項」(pdf)をご確認ください。

1.テーマ・主旨
テーマ:日本島嶼学会設立20 周年・小笠原諸島返還50 周年
主旨:1998 年7 月,長崎県諫早市の長崎ウエスレヤン短期大学(現長崎ウエスレヤン大学)で日本島嶼学会設立総会が開かれ,私たちの学会は産声をあげた。以来20 年,世界の島嶼研究は着実に進み,日本でも離島振興法が2 度にわたり延長され,国境離島という島嶼の新たな役割概念も生まれた。一方で日本は,ついに人口減少社会へと突入し,島嶼はそのフロントランナーでもある。学会創設20 周年に当たる本大会では,これを記念しさまざまな企画を通じてこの間の学会の歩みを振り返るとともに,未来に向けてあらゆる学問分野を糾合し,かつそれらの垣根を超えた新たな島嶼学(Nissology)樹立への一歩を踏み出したい。
2018 年はまた,小笠原諸島が1968 年6 月に日本に返還されてから50 年という節目にも当たっている。日本国内でも特異な国際性を有する小笠原諸島は,2011 年にユネスコの世界自然遺産に登録され,その自然環境の持つ重要さが脚光を浴びるとともに,異文化交流の現場として,また交通・コミュニケーション問題や国境離島の問題など,島嶼特有の諸課題を抱える地域でもある。本大会では返還50 周年記念特別講演を企画し,2019年3 月上旬に予定している小笠原サテライトミニシンポジウムへと繋がる研究発表を期待したい。

2.開催期日 2018 年8 月30 日(木)~9 月2日(日)
・8 月30 日(木)理事会
・8 月31 日(金)総会,学会設立20 周年記念座談会,一般研究発表,学会設立20 周年記念基調講演,学会設立20 周年記念特別講演,小笠原諸島返還50 周年記念特別講演,懇親会
・9 月1日(土)一般研究発表,エクスカーション開始
・9 月2 日(日)エクスカーション(神津島)

3.開催場所 法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎3F 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
4.問合せ等 参加/発表等:日本島嶼学会東京大会実行委員会 ≪2 0 1 8 j s i s @ g m a i l . c o m≫
5.後援 法政大学沖縄文化研究所(予定)
6.実施組織
大会実行委員長:中俣均(法政大学)
副委員長:可知直毅(首都大学東京)
実行委員:須山聡(駒澤大学),野呂一仁(立正大学),長谷川秀樹(横浜国立大学),前畑明美(法政大学)
——————–

2018 年日本島嶼学会年次大会の開催について(第一報)

会員の皆さま

2018年次大会は以下の内容で開催予定です。詳細は大会実施要領(2018年6月頃公開)をお待ちください。
———————–
テーマ:日本島嶼学会設立 20 周年・小笠原諸島返還 50 周年を迎えて
【期日】
2018 年 8 月 30 日(木)~9 月 2 日(日)

【会場】
法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎
*エクスカーション:神津島(伊豆諸島)

【日程】
8月 30 日(木)
・理事会
8月 31 日(金)
・基調講演
・特別講演(鈴木名誉会長・真崎会員・青木会員)
・設立 20 周年を振り返る座談会(嘉数・鈴木・長嶋名誉会長,中俣会長)
・一般研究発表およびポスター発表
・総会
・懇親会
9 月1日(土)
・一般研究発表・ポスター発表(17 時終了)
*エクスカーション参加者は22:00 発の東海汽船で神津島へ

9 月1日(土)~2日(日)神津島エクスカーション
・10:00~12:00 公開講演会(上田嘉通会員)
・13:00~17:10 神津島巡検(多幸海岸-三浦湾展望台-赤崎遊歩道-温泉保養センター)
*神津島までの航路・航空路は各自確保
*2日の宿泊は神津島観光協会で紹介、各自予約
*詳細は6月頃発表の大会実施要領で提示します

【大会実行委員会】中俣(委員長)、可知・須山・長谷川・野呂・前畑
【付記】なお,2019 年3月上旬に小笠原諸島父島においてミニ・シンポジウムの開催を計画しています。詳細は 2018 年7月発行のニュースレター等に掲載予定です。
——————–

2017年次大会(甑島):大会日程表を掲載しました[08/02補足説明追加]

2017年次甑島大会(09/01-09/03)のプログラムを掲載いたします。
下記のリンクを御参照ください。
大会日程表(PDF)

なお、発表者の方々は以下に御留意ください。

1.ポスター発表者の方へ
・「コアタイム」が設定されています。コアタイム中はポスター前で御待機ください。

2.口頭発表者の方へ
・発表者は、ご自身の発表直後の座長をおつとめください。なお、1日目・2日目とも冒頭の座長は事務局が務めます。

例:A会場の1日目)
A01の発表者はA02の座長、
A02の発表者はA03の座長、・・・・・・
(休憩を越えて連鎖)
A06の発表者はA07の座長、・・・・・・
A10の発表者はA11の座長、と続きます。
なお、冒頭、A01の座長は事務局が務めます。

2日目も同様に、
A12の発表者はA13の座長、・・・・・・
A16の発表者はA17の座長、と続きます。
なお、冒頭、A12の座長は事務局が務めます。

2017年次甑島大会 申し込み開始のお知らせ

「2017年次 日本島嶼学会甑島大会」を下記の要領で開催いたします。会員の皆さまの参加をお待ち申し上げます。

*詳細および申込方法等は、添付の「実施要項」にて御確認ください。
(実施要項:PDF)
(様式等:PDF ・ DOC)

——–
・テーマ・主旨
テーマ:甑島で考える島嶼の問題と未来展望

主 旨:甑島列島は、本土と近距離にありながら交通手段が海上交通に限定されるなど隔絶性が高く、また、国境離島や海洋離島的性格を併せ持ち、かつて2万人台を維持していた人口が今や5千人弱と4分の1にまで激減するなど典型的な過疎の島である。さらに宗教弾圧、圧政、生活苦など様々な苦難を経験するなど、従来の離島苦をすべて凝縮内包する。その一方で、甑島は、逆にその隔絶性から、自然や歴史と民俗の宝庫とされてきた。列島周辺海域は豊富な水産資源に恵まれ、海岸線の地形や奇岩は観光の目玉となり、小さな島にも関わらず城主と武家が存在し、武家屋敷や古武道が今に残る。2009年には下甑島のトシドンがユネスコの無形文化遺産に登録されるなど世界的に注目される民俗文化を有するほか、毎年開催されるアクアスロンや文化フェスタなどの様々なイベントは多くの観光客を呼び込む。さらに、漫画やアニメの舞台としても知られるなど島の持つポテンシャルは極めて大きい。日本島嶼学会第1回年次大会のエクスカーション(1999年8月)はこの甑島で行われた。学会創設20周年という節目を目前にして、当学会を、島嶼の様々な過去と未来のポテンシャルを凝縮した甑島で開催するということは、日本の島嶼の課題を見据え、未来を展望する上でも大きな意義があると言える。

・開催期日  2017年9月1日(金)から3日(日)
・開催場所  薩摩川内市里公民館および薩摩川内市里定住センター(いずれも薩摩川内市里町里、上甑島)

9月1日(金)出前講座、エクスカーション(島内)、理事会
9月2日(土)シンポジウム、研究発表、総会、懇親会等
9月3日(日)研究発表、エクスカーション(クルージング)

・連絡先
日本島嶼学会甑島大会2017
tousho2017koshiki@gmail.com
———-

2017年次大会(甑島大会)のお知らせ(第一報)

日本島嶼学会2017年次大会は、鹿児島県・甑島(薩摩川内市)にて9月1日~9月3日開催予定です。

詳細については下記をご参照ください。
なお、募集要項の配布および参加受付開始は6月上旬を予定しています。
170404HP2017年度次日本島嶼学会甑島大会概要

[大会実行委員会]
tousho2017koshiki@gmail.com

2016年次大会(広島県・大崎上島)大会日程

「2016年次 日本島嶼学会大崎上島大会」の大会日程(タイムテーブル)を掲載いたします。下記からダウンロードください。
*今後、変更が生じる可能性もあります。ご留意ください。
2016日本島嶼学会日程(pdf)

なお、大崎上島および近隣の方は、基調講演・研究発表(ともに9月3日)を無料で聴講いただけます。
・事前申し込みは不要です。当日、受付までお申し出ください。
・要旨集等を御所望の場合は、別途、資料代を申し受けます。

2016年次大会(広島県・大崎上島)申込開始のお知らせ

「2016年次 日本島嶼学会大崎上島大会」を下記の要領で開催いたします。会員の皆さまの参加をお待ち申し上げます。

*詳細および申込方法等は、添付の「実施要項」にて御確認ください。(実施要項:MS-WordPDF)

また、申込様式は以下の通りです。原則としてメールの添付ファイルでお送りください。
様式1(研究発表申込書)
様式2および様式3(大会参加申込書および総会委任状)

——–
・テーマ・主旨
テーマ:海と陸の関係を問い直す-瀬戸内・大崎上島からの発信-

主 旨:瀬戸内島嶼の特徴は、本州あるいは四国・九州といった「巨大な陸地」を常に意識せざるを得ない点にあるように思われる。瀬戸「内海」という捉え方自体、このような感覚を前提としているようだ。大崎上島での開催に際し、瀬戸内島嶼を「島と海、そして本土」をめぐる三者関係のバリエーションとして捉え、海と陸との関係について改めて問い直してみたい。
 今大会は、年次大会としては初の瀬戸内島嶼での開催となる。開催地である大崎上島は本州至近でありながら架橋がなされていない「離島」である。また、開催校を務める広島商船高等専門学校は、離島所在の高等教育機関でありながら文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(COC)に選定されたユニークな存在である。このような環境での大会開催は、同時期に開催されるCOCシンポジウムと併せ、参加者にも、そして学会全体にも様々な刺激をもたらしてくれるに違いない、と考えている。

・開催期日  2016年9月2日(金)から4日(日)
・開催場所  広島県豊田郡大崎上島町(広島商船高等専門学校)
2日(金)午後:理事会および出前講座
3日(土)基調講演、研究発表、総会、懇親会等
6日(日)エクスカーション(A/Bの2コースあり。Aは3時間、Bは6時間・昼食弁当付き)

*大会参加費等は以下の通りです。
・大会参加費2,000円、懇親会費5,000円、昼食代(9月3日)1,000円、計8,000円
全てお申し込みの場合、以下のようになります。
・エクスカーション無し:計8,000円
・エクスカーションA参加:計10,500円
・エクスカーションB参加:計12,500円(昼食付き)

・連絡先
2016年次大崎上島大会実行委員会
oosaki.kamishima2016@gmail.com
———-

2014年次大会(五島)

<もどる


2014年次日本島嶼学会五島大会要領

1.テーマ・主旨
テーマ:自然環境と人々の知恵
主 旨:急激な自然環境の悪化、とりわけ気温・海水温の上昇は、これまでの生活・生産環境を大きく変えることとなり、特にエネルギー問題は喫緊の課題である。一方、少子高齢化の進展は多くの離島で振興上の深刻な問題となっており、無人化防止の観点からも、さらには「離島の役割」達成の観点からも規模の制約に関わらず、根源的離島活性化策が求められている。要は制約条件の厳しい離島地域に生きる知恵を改めて模索する好機を本大会で求めることとする。さらには、近年、我が国の外縁に位置する島々が「国境離島」としての機能と今後の在り方等に関し関心が持たれている。
そこで、各種制約条件の厳しい離島地域に生きる知恵を改めて模索する好機を本大会で求めることとする。

2.開催期日 2014年9月5日(金)から7日(日)
5日(金)午前:理事会
午後:開会式、基調講演、特別講演、総会、懇親会
6日(土)全日研究発表
7日(日)エクスカーションA(福江島、椛島、久賀島)
エクスカーションB(奈留島)「出前講座」参観を含む

3.開催場所 五島市「五島市総合福祉保健センター」(五島市三尾野1-7)
Tel:0959-74-5680   福江港から徒歩15分
4.主  催 日本島嶼学会
5.後  援(予定)長崎県、五島市、長崎県離島振興協議会、長崎ウエスレヤン大学地域総合研究所、長崎県離島振興研究センター、

6.実行委員会
委員長:佐藤快信(長崎ウエスレヤン大学)
委 員:加藤久雄(長崎ウエスレヤン大学)、久保実(五島市市長公室長)、鈴木勇次
(*長崎ウエスレヤン大学)、須山聡(駒澤大学)、長嶋俊介(鹿児島大学国際
島嶼教育研究センター)、深見聡(長崎大学)、三浦知子(長崎国際大学)、
諸岡慶昇(高知大学)*その他若干名
名誉実行委員長:野口市太郎五島市市長
事務局:(1) 長崎ウエスレヤン大学=佐藤快信、加藤久雄、鈴木勇次
〒854-0082長崎県諫早市西栄田町1212-1
TEL:0957-26-1234   FAX:0957-26-2063
sato@wesleyan.ac.jp katoh@wesleyan.ac.jp  suzuki@wesleyan.ac.jp

(2) 五島市=久保 実、樋口貴彦
〒853-8501 長崎県五島市福江町1-1 五島市市長公室内
TEL:0959-72-6111 FAX:0959-74-1994 kubo-mi@city.goto.lg.jp
*対外的主連絡先:suzuki@wesleyan.ac.jp

7.全体プログラム
(1) 本事業:理事会、総会、基調講演、研究発表
(2) 付随事業:エクスカーション、出前講座、懇親会、ポスターセッション、その他

8.プログラム構成(時系列)
9月5日(金) 09:00~11:30 理事会(保健センター2階研修室)
13:00~13:25 開会式(保健センター4階ホール)
会長挨拶、来賓祝辞(五島市長)
13:30~14:30 基調講演
「島嶼の課題と島嶼学」(嘉数啓琉球大学名誉教授)
14:45~15:45 特別講演
「五島のキリシタン」(加藤久男長崎ウエスレヤン大学准教授)
16:00~17:00 2014年度総会
18:00~20:30 懇親会(場所:「椿茶屋」)

9月6日(土) 09:00~10:30 研究発表② 3人(発表20分、質疑10分)
10:40~12:10研究発表③ 3人(発表20分、質疑10分)
12:15~13:00 昼食・休憩
13:00~14:30研究発表④ 3人(発表20分、質疑10分)
14:40~16:10研究発表⑤ 3人(発表20分、質疑10分)
16:20~17:50研究発表⑥ 3人(発表20分、質疑10分)
18:00~19:00研究発表⑦ 2人(発表20分、質疑10分)
*研究発表時間等は、発表応募者数等状況により変更する可能性がある。

9月7日(日) エクスカーションA(08:30~15:30)
福江港―(チャータ船)→椛島(洋上風力発電等)―(チャータ船)→久賀島(旧五輪教会等)
→福江港―(貸切りバス)→遣唐使ふるさと館(昼食)―大瀬崎灯台→(貸切りバス)
→福江港(長崎行き最終便乗船可能)

エクスカーションB(08:05~16:40)
福江港(8:05)-定期船(フェリーオーシャン)→
奈留島(奈留高校で須山・深海両会員による「出前授業」参観・文化祭見学(9:45~10:45)
→ユーミン歌碑→江上教会→舅ケ島・千畳敷→五島モンパルナス→城岳水晶露頭→汐池ラグーン
→奈留港-定期船(フェリーオーシャン)→福江港(16:40)
*ジェットフォイル:16:30  カーフェリー:16:50
*福岡行き飛行機:18:50   長崎行き飛行機:17:55

9.参加申し込み期限・方法
2014年7月20日までに様式によりFAXまたはメールで申込んでいただきます。 (大会、発表、懇親会、昼食、エクスカーション等)
*発表希望者は、発表要旨を7月31日(木)までにメール添付にて提出のこと。
*FAX:0957-26-2063〔宛先は、加藤准教授〕
E-mail: katoh@wesleyan.ac.jp
〒854-0082 長崎県諫早市西栄田町1212-1長崎ウエスレヤン大学加藤研究室

10.大会参加費等の支払い方法
大会参加費:2,000円、懇親会費:5,000円、
エクスカーションA参加費:5,500円(昼食代を含む)、
エクスカーションB参加者はエクスカーションB参加費のみ現地で別途徴収(約4,000円)、
昼食代(2回分):1,500円 計14,000円、
また、参加申し込み内容により金額が異なる場合は、各自計算の上、振り込んでいただきます。
指定郵便局口座
口 座 名:日本島嶼学会北部九州支部
口座番号:01700-2-1076
送金に際しては、必ず氏名、連絡先電話または所属をご記入下さい。

11.発表レジメの提出期限及び提出方法
2014年7月31日(木)までに指定規格による完成原稿をメール添付で提出していただきます。
なお、原稿は中央部に表題を、2行目右側に氏名(所属)を明記して下さい。
規格:A4判、横書き、11ポイント、1行40字、40行(頁制限はなし)
余白:上段26ミリ、下段24ミリ、左右26ミリ
*表組みでA4サイズ(横置き、縦置きは自由)を超える場合は、見開き措置とする(折り込み方式は禁止)
注1:発表予定者で、当日、別途配付資料がある場合は、おおむね60部を各自作成して持参していただきます。
注2:発表予定者で、万一提出期限までに発表レジメの提出がなかった場合は、各自でおおむね60部用意してご持参下さい。

12.宿舎の斡旋 各自で確保のこと。会員への案内時に、同封の「主要宿舎一覧」を参考に各自が申し込んで頂きます。

13.集合・解散 現地集合・現地解散とする。(本土から福江までの交通手段等は参加者に一任)

久米島大会プログラム (日本島嶼学会2009年次大会)

<もどる


久米島大会プログラム (日本島嶼学会2009年次大会)

第1日目  10月2日(金) (総合司会 山上) 久米島町具志川農村環境改善センター
Ⅰ  受付 08:30~
Ⅱ  日本島嶼学会久米島大会開会式 08:50~09:00
    ◇開会の挨拶
   ◇歓迎の挨拶
Ⅲ  特別講演 09:00~09:45
嘉数 啓 氏 (日本島嶼学会会長)
「島嶼学(Nissology)と島嶼問題:島嶼の課題解決にどうこたえられるか」
Ⅳ  研究報告 10:00~12:00
1 糸数 仁美 沖縄県離島の急患搬送における看護師の役割    ~ヘリコプターを利用した家族からみた看護行為の 評価~ 10:00~10:15
2 山口 初代 沖縄小離島における介護を巡る高齢母親と息子とのサポートの授受 10:15~10:30
3 坂東 瑠美 沖縄小離島在住高齢者の入院支援における看護師の役割機能~島外に「送り出す支援」の連携・調整を中心に~ 10:30~10:45
4 吉川千恵子 離島における2型糖尿病患者の自己管理支援に関する研究~パイロットケースの4年間の経過から~ 10:45~11:00
5 上江洲 香代子 シモン芋または紫芋が若齢マウスの脳機能に及ぼす影響 11:00~11:15
6 吉田 竹也 バリ島の疑似エコツーリズム 11:15~11:30
7 西本 希呼 マダガスカル島民の言語と音楽の通文化的研究   ~時間的な経過の中での「芸術としての言語」、「言語としての音楽~ 11:30~11:45
8 村上 和弘 近現代の対馬における海上通史記述の試み     ~「越境」までの距離感をめぐって~ 11:45~12:00
昼食 12:00~13:00
Ⅴ  研究報告 13:00~16:35
9 外川 健一 日本の島嶼地域における主な廃棄物問題 13:00~13:15
10 佐藤 由紀 ボーダレスな国境・国境島嶼・小笠原の国境感覚  ~住民の国境を巡る認識の在り方を手がかりとして~ 13:15~13:30
11 長嶋 俊介 硫黄鳥島の地政学・生活学                 ~生活痕跡と社会史研究の意義~ 13:30~13:45
12 奥野 一生 離島航路就航船舶を考える 13:45~14:00
13 大西 広之 市町村合併と地方公共団体の財務情報開示のあり方について~島嶼地域の一部離島化と地域別財務情報の開示の必要性~ 14:00~14:15
14 鈴木 勇次 離島自治体の市町村合併と離島の自治機能 14:15~14:30
15 吉岡 慎一 離島市町村の「平成の大合併」を巡る動向分析 14:30~14:50
休憩 14:50~15:05
16 木原 弘恵 瀬戸内海の島嶼部における民族文化の捉えられ方   ~岡山県笠岡市白石島で継承される踊りをとおして~ 15:05~15:20
17 前利 潔 道州制(沖縄単独州)と奄美諸島 15:20~15:35
18 稲田 道彦 瀬戸大橋架橋四島の20年 15:35~15:50
19 上原 秀樹 島嶼経済におけるサトウキビを原料としたエタノール生産:持続可能な農業と地域発展 15:50~16:05
20 野呂 一仁 島嶼社会における地域関係の定着           ~新潟・粟島におけるわかめ養殖を事例として~ 16:05~16:20
21 野崎 堯恵 島嶼地域における移住者のインパクト分析 16:20~16:35
22 上江洲 盛元 地質学的に見た久米島のロマン 16:35~16:50
Ⅵ  会員総会 16:45~17:45
Ⅶ  懇親会~太鼓・三線~ (司会 山城)            リゾートホテル久米アイランド 18:30~20:30
挨拶 平良 朝幸 (久米島町長)
嘉数 啓 (日本島嶼学会会長)
第2日目  10月3日(土) (総合司会 對馬)
Ⅰ  基調講演 09:00~10:00
上江洲 均 氏 (久米島自然文化センター名誉館長)
「久米島の歴史と文化」
Ⅱ  基調講演 10:00~11:00
島袋 周仁 氏 (株式会社 久米島の久米仙 社長)
「島づくり人づくり」
Ⅲ  中・高生向け企画 11:00~12:00
「もっと知ろう 私たちの島・日本の島・世界の島」
(久米島の中・高校生を対象に自然環境と社会の面から講演を行い、質疑・討論を行う)
昼食 12:00~13:00
Ⅳ  シンポジウム 13:00~17:00
「島嶼における自然環境と地域社会の共生をめざして」
佐々木 健志 「沖縄の自然と貴重な生き物たち」
早川梨恵子 「太平洋の航海者たち 昔と今」
座長:解題  仲地 宗俊 (琉球大学農学部)
第1報告 平良 朝幸
(久米島町長)
「離島における自立について」
第2報告 大城 肇
(琉球大学理事)
「島嶼地域における循環型経済社会の構築」
第3報告 上江洲 智一
(久米島製糖株式会社)
「久米島農業の課題~サトウキビを中心に~」
第4報告 吉永 安俊
(琉球大学農学部)
「農地からの赤土流出について」
第5報告 佐藤 文保
(久米島ホタル館)
「久米島における自然環境の保全とワイズユース(賢明な利用)について
Ⅴ  第3回若手研究会 17:00~18:30
「島嶼間比較からの可能性:相関型地域研究モデル構築の試み」
第3日目  10月4日(日)
Ⅰ  エクスカーション 09:00~12:00
エクスカーションポイント
久米島紬ユイマール館
沖縄海洋深層水研究所
バーデハウス久米島(海洋深層水温浴施設)
奥武島畳石
上江洲家(琉球王朝時代の地方役人の屋敷)
Ⅱ  解散  空港にて